ウェブライターの案件とは?自分に合った仕事ができる職業!

- ウェブライターの案件はどんなのが多い?

新着情報

▶2014/06/10
ウェブライターの案件はどんなのが多い?の情報を更新しました。
▶2014/06/09
これから応募する人への情報を更新しました。
▶2014/06/09
案件を探す方法の情報を更新しました。
▶2014/06/09
効率よく作業を進めることがスキルアップの情報を更新しました。
▶2014/06/09
向いている人がどのような人なのかの情報を更新しました。

ウェブライターの案件はどんなのが多い?

ウェブライターといってもいろいろな案件で募集が出ていますが、具体的にはどのような案件があるのでしょうか。
案件によって単価も文字数も書きやすさなどもまったく違っています。

初心者でこれから始める人はできるだけ文字数が少なめで書きやすい案件を選ぶようにするといいかもしれません。
そして案件を募集しているサイトもさまざまです。
ハウツー記事を掲載するサイトの場合は記事テーマはとても多種多彩で、自分の得意分野、経験したことの中から案件を選び仕事をすることができるので、まったく未知の世界のものを書かなくてはいけないということはありませんので、初心者でもスムーズにかけるのが特徴です。
有名出ない限りは記事が世の中に名前と共に出ることはないのが、WEBライターという仕事の特徴ですが、ハウツーサイトで知られているナナピの場合は名前も出ますのでモチベーションにつながるかもしれません。

そして匿名で仕事をすることができる登録制のマッチングサイトもあります。
こちらで募集されている案件はブログ用の記事、コラムやサイトコンテンツ、メールマガジンなどさまざまな案件があるのが特徴です。
1記事十円から数百円で可能な単発の仕事もありますので、ガッツリ引き受けると本業とのバランスが取れなくて納期に間に合わないかもしれないという場合でも、単発の仕事を引き受ければ時間がなくても作業可能な案件もあります。

このように募集サイトによってさまざまな案件が用意されていますが、基本的にはすべてウェブ上で公開されるものであり、検索エンジンなどで調べ物をしながら何か情報を得たいという人がその記事を見るという流れです。
ですから共通していえることとしては、情報収集をしている人にとって有益になるような記事を書くことが大事です。
中身のない記事をサイトのボリュームアップのために依頼されることもありますが、大半は中身も重視して書くことになりますので、いい加減な内容のものを書くのではなくて、しっかりと内容を確認した上で書くようにしましょう。

初心者や主婦の場合は文字数は400文字から600文字程度にしておいて、内容は自分がこれまでにかかわったことがある内容で書かせてもらえれば一番仕事がしやすいでしょう。
慣れてきたら調べ物をしながら知らない内容でも記事を作成することができるようになってきます。
やはり数多く経験をして実績を積んでいればだんだん書くことができるようになります。