ウェブライターの案件とは?自分に合った仕事ができる職業!

- 募集を見る際一番気になるのが報酬

募集を見る際一番気になるのが報酬

ウェブライターの募集を見る際一番気になるのが報酬ではないでしょうか。
どのくらい報酬がもらえるのか、これは単価や仕事量によってもずいぶん違ってくるのですが、シンプルに考えたら1記事あたり200円の記事だった場合には100記事書くと2000円になります。
ですが記事作成では文字数が重要です。
同じ1記事200円のものでも400文字のものと1000文字のものでは、1文字当たりに換算した場合に単価がまったく違っているのです。
400文字なら5分で200円稼げる計算で1時間に2400円稼げるのに、1000文字書くのに1記事15分かかっていたとしたら1時間に4記事しか書けず、800円にしかならない場合もありますから、これは雲泥の差です。

初心者が最初から高い単価の案件をもらうことや応募することは難しいかもしれませんが、実績を積んで経験をして自分のスキルアップをし、クライアントからの信頼を得れば高い案件の仕事も回してもらえることもありますし、単価アップもすぐにしてもらえるでしょう。
一般的に在宅でライティングの仕事をしている人の相場は、1ヶ月に50本から100本程度の仕事をして、毎月1万円から3万円程度の収入を得ている人が多いですので、これも目安にして、仕事を請けるようにするといいかもしれません。
あまりに安いものはいい案件とはいえません。